サプリメント関連の薬剤師募集は少ない?

サプリ関連薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> サプリメント関連の薬剤師募集は少ない?

サプリメント関連の薬剤師募集は少ない?

サプリメント系の薬剤師の求人ですが、やはり地域による違いが大きいので、どこで探すかによってもずいぶん違ってくるのが現実です。そもそも、サプリメントの知識は薬剤師にとってはプラスアルファでしかありませんから、とりあえず薬剤師の求人で探すことになるでしょう。サプリメントの知識を活かすとなると、やはり調剤薬局よりも、ドラッグストアなど販売を行う業態のほうが需要は高くなります。ドラッグストア勤務の薬剤師募集であれば、サプリメントアドバイザーの資格があるということはかなりのアピールポイントになるでしょう。

そもそも、薬剤師の求人自体が都心部は多いのに対して地方は少ない傾向があり、その反面求人の多い都心部では薬剤師の職を探す人も多いので決していくらでも仕事があるという状態ではありません。その中で、サプリメント販売をやりたいというのであれば、業態が限定されてくるので、募集の数はどうしても少なくなってしまうでしょう。スーパーや薬局の医薬品売り場などの薬剤師求人を狙うのが一般的です。ドラッグストアにしても、薬剤師はすでに雇用している状態で販売員を募集するのであれば、資格のない人を採ったほうがコストが安いため、販売員としての募集では逆に採用されないケースもあります。薬剤師資格は活かせるものの、販売員としての給与でよいという提示をすれば、問題ないでしょうが、それはそれで資格がもったいないのも確かです。

そのため、サプリメント系の薬剤師になるなら、まめに求人情報をチェックしてドラッグストアなどを探すか、サプリメントを開発する企業で研究員として働くという方法もあります。もちろん、研究者としての能力は必要ですが、新しいサプリの開発など、やりがいのある仕事であることには定評があります。自分が開発に参加したサプリが店頭に並んだり、人気商品になったりするのが楽しいという人も多いですし、業界の将来性の点でも魅力的な仕事でしょう。

ただし、こちらのほうが求人としては少なくなりますから、販売系の薬剤師の経験から転職するのは難しいかもしれません。公開募集もあまり行っていない業界ですから、専門の転職サイトをチェックするか、人材紹介会社に依頼して、非公開求人などを紹介してもらうのが転職への近道です。いずれにしても、自分がどんなところでどんな仕事をやりたいのかをはっきりさせることが、サプリメント関連の薬剤師なるためには必要でしょう。

レアなサプリメント関連の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 サプリメント関連の薬剤師求人サイト All Rights Reserved.